リスク低減

医療というものは、日々どんどんと進歩していますが、技術面でどんどんとリスクの低い手術法が開発されています。
脂肪吸引においても、昔と比べると、出血や痛み、腫れが大幅に少なくなっていますし、手術法のバリエーションもとても増えています。

それだけ脂肪吸引を受ける人の体の負担を軽減しながら、理想とする手術法を選択できる時代になっていると言えます。

・体内式超音波とは?

脂肪吸引法の一つに、体内式超音波と呼ばれる手術法があります。

この手術法はその名の通り、皮膚を切開してから直接脂肪に超音波を当てて脂肪を破壊していきます。
ダウンタイムが長い点や、医師のスキルが低ければ火傷をしてしまうというリスクもある手術法となっています。

それとは逆に、体外式超音波といった脂肪吸引法があります。
体内式超音波という脂肪吸引法は、方式も体内式と違っているため、リスクを抑えた脂肪吸引法になっています。

体内へと直接超音波を当てる体内式に対して、体外式は体の外から超音波を当てて脂肪細胞を小さく切り離すという手術法になっています。
火傷の心配もありませんし、よりリスクが低減され、安全な手術を受けられるのが、体外式超音波という脂肪吸引法になります。

体外式超音波が気になる方は、一度、美容整形クリニックでのカウンセリングにおいて、手術法について確認するようにしてください。